読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の血は、鉄の味がする

好きな漫画やアニメなどについて、つらつらと綴っていきます

おもいでエマノン

f:id:nossske:20161201091828j:plain

昔ハマった漫画を久しぶりに買い直したので紹介しますのコーナー。

本日はコレ。『おもいでエマノン鶴田謙二 (原作 梶尾真治)』

¥108 (BOOKOFF

 

時は1967年

SF好きな学生だった主人公が、旅先で1人のフーテン娘と出逢う

彼女は「地球に生命が発生してから現在までの記憶を、総て持っている少女」だった

原初生命から始まり、人間の様々な歴史を肌で感じていた記憶

それを代々、繋ぎとめてきているのだという

記憶は、次の代が生まれるとそれに移され、母体の記憶は消去される

 

そんな17歳の娘と、旅先の客船内で出遭った数時間の話

 

 

本人曰く、「優性の遺伝子異常」だというその話は

SF好きで素直な性格の主人公にとっては、とても興味深い内容であった

ただ、人魚の肉を食べた八尾比丘尼…と噂を立てられてからは、あまり人に話すのをやめているのだという

その事件で懲りてしまったのだそうだ

 

では何故、その話を主人公に聞かせる気になったのかといえば…f:id:nossske:20161201103108j:plain

(ここでちょっと躊躇う。それまで淡々と語っていた彼女が、少し困った顔で言い澱むのが萌える)

江戸時代の頃に、コロリにかかって死んだ夫に似ていたのだと

 

内気で、でもとっても優しい人だった…という

輪廻転生、「あなたがもしも生まれかわりだったら」と思ったのだそうだ

 

 f:id:nossske:20161201103203j:plainf:id:nossske:20161201103356j:plain

(数時間で、お互い気を許した描写が続く。自然に2人の時間を愉しむ感じが何かイイ)

そして、その「フーテン娘」とイイ感じになり、楽しいひと時を過ごすのだが

眠りに入ってふと気付くと、その娘は忽然と姿を消していた…

「Good Bye!」の置き手紙を残して

 

 

ここで時間は飛んで13年後…

平凡な人生を歩んできた主人公は、全くの偶然で奇跡的にその娘と出会った

昔の想いを告げる為話しかけてみるが、彼女は主人公の事など全く覚えていなかった

その彼女には娘がいた

 

娘は言う

 f:id:nossske:20161201103548j:plain

「まだ覚えててくれたのね。ありがとう」

一番好きなシーンです

 

「私、あなたのことが好きよ。多分永遠に忘れないわ」

じゃあ、何故姿を消したのか?と問う主人公に語るセリフ↓

「数時間一緒にいても数十年間一緒にいても、好きだったという思い出は私にとっては同じなの」

 

人類にとっての”おもいで”とともに生き続ける彼女の中に、好きという記憶で残れるのであれば

それも悪くないんじゃないか、と主人公は悟ったのだった

 

なんだかSFチックで壮大な内容のわりに、ロマンスっぽいロマンスもないし地味なお話にも思えるのですが

ある意味孤独なエマノンの中に記憶として生き続ける主人公が、切なくも温かくある…そんな作品です

 

まぁ非常に長々と書きましたが、鶴田謙治という人の漫画は

単純にイラストだけとして見ても美しいし、とても雰囲気がある

この漫画に関しては、表紙でジャケ買いしちゃってもいいんじゃないかな~と

ただ難点は…、とにかく次作が出るまで時間がかかる!

『Forgot Me Not』から、何年待ったと思ってるんだよ…

作者を追っかけるのはおススメしない漫画家ですw

 

そんな漫画が、探せば108円で買えるのです

今日の酒代より安いっすよ?

もし機会があったら、探してみるのはいかがでしょうか?

 

 

以上、のすけがお送りしました